rosetta

import fabric online shop Rosetta
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新着とupとsaleのお知らせ | main | 夏季休暇のお知らせ >>

トゥレップと海獣の子供

近所で上映していたのでサクッと買い物ついでに観てきた。

ごめんね! 元気にしてる?

でも、「海獣の子供」はもう一度観たいから

次は一緒に観に行こう! 

でも、もう観てるよねきっと!

君と一緒ならいつでも、どこでも、何でもいいや!

 

いろいろあると思うけど

これからもどうぞよろしくね!

 

「海獣の子供」と「トゥレップ海獣の子供を探して」は

先にトゥレップの方を観るべきだったな、とえらく後悔

 

この映画は大人だけではなく子供達にもぜひ観てもらいたい

 

フィクションとノンフイィクショを交えながら

人類学者や海洋学者や心理学者がストーリーに従って

解説していくファンタジーかドキュメンタリーか?

何とも言えないし、どちらとも言えない

 

人間や動物や、生物はその進化する過程において

DNE や細胞の何を排除してして何を残して何を強化し

どうゆう過程で進化していくのか?

それはその時々の地球の気候や変化に合わせて自らを適応させ

生き残るためと、子孫を残していくためだけなのか?

 

ホモサピエンスとチンパンジーとが分離したのは約1000万年前

それ以前の人間は海から地上に上がってきた動物だとするならば、

受精したイルカの雌のお腹の中の赤ちゃんの

初期には足が生えてくる痕跡が見受けられるらしい

羊水の中で成長するにしたがってそれは消えていく、

同じ、哺乳類の仲間としてはとても興味深い!

 

なぜ?イルカは地上を選ばずに海の世界だけを選んだのか?

人間より脳みそが大きいし頭もすこぶる賢い!

 

彼らの鳴き声の中には何十何百の言葉や感情が含まれている

これは、地上に住んでるどの動物も同じなのだけれども

イルカやジュゴン、クジラ等の哺乳類は特に優れている

 

そういえば何年か前に沖縄?か何処かの水族館の水槽の前で

友人と、中にいるイルカについて話をしていたら

そのうちの一頭のイルカが話の内容を理解したらしく

何個かの疑問に、ものすごく明確に答えてくれたことがあって、

私と友達が目を見合わせて、ビックリを通り越して

しばらく、押し黙ったままだったことがあった。

 

それと、ずいぶん前に、これまたとてもドメステックな話だけれども

親友のフランス人と話をしていたときに

35年近く前のフランスでは

CAの間で奇形や流産や不妊があまりにも多く

研究者がこぞってそのことを取り上げていたけど

 

彼曰く、時空と時空の間を瞬時に行き交うと

人間の体内の中の何かが狂うらしい

気やらエネルギーやら周波数の問題でかな?

はたまた、初期段階では気圧に抵抗できなかっただけなのか?

なぜ女性だけにその兆候が顕著に出るのか?

いつからか人間の方が適応し克服できるようになったのか?

 

人の目には見えないけど地上、海、山、空には、

気やらエネルギー周波数やらの彼ら独自の何かがあり

それらは、お互いをカバー仕合ながら

常に活発に彼ら独自の進化をし続けているらしい

人間はこれらに逆らうことは不可能だと彼が言った。

 

二十年くらい前に南太平洋のフィジーにバカンスで行ったとき

夜空を眺めていると空いっぱいにびっしり星が張り付いていて

黒い部分が見えないくらい、しかも日本の田舎で見る

それよりもはるかに近くに見えた。流れ星が頻繁にビュンビュン飛び交って

地球は、怖いくらいに活発に活動してるんだなと思ったことがあったっけ

 

映画に出てくるマーシャル諸島とは違うけどね

 

ごめんちょっと疲れた  おやすみなさい

 

 

to be continued xxx

 

 

 

 

- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする